ミドリムシを原料に航空機向けのジェット燃料を開発へ

日本のベンチャー企業が、大手航空会社の協力を元にミドリムシを原料に航空機向けのジェット燃料を開発を目指しているのだそうです。

世界的には地球温暖化対策としてトウモロコシや大豆などを原料とするバイオ燃料が期待されていますが、本来の食料品として活用しないため、価格の高騰という問題点があるようです。

そこで、ジェット燃料と似た性質がある油を抽出することが可能なミドリムシは大量に培養することで、航空機向けのジェット燃料の生産へ期待が持たれています。

既に国内にミドリムシを原料にした燃料を生産する施設が建設され、いずれは大手航空会社への供給を計画しているのだそうです。

ミドリムシを原料にジェット燃料を生産できるようになれば、温暖化対策にも貢献できるようになるでしょうし、なによりも燃料資源を輸入しなくても自国で生産できるのは明るいニュースと言えましょう。